勤怠管理について

北九州助成金申請センターでは、厚生労働省系の助成金を多数ご案内しております。
助成金の要件確認時には、「労働関係法令が適切に守られているか」をチェックされます。

このチェックの際には、「勤怠を正しく管理しているか」というところも見られることになります。下記のような適正な運用がなされているか確認をしていく必要があります。

勤怠管理とは

給与計算をする際、有給の取得状況のチェック、残業代を計算するにあたって勤怠管理は適切に行っていかなければいけません。また労働基準法の定めにより、勤務表に関しては、3年間保存義務があります。助成金申請時に関わらず、労務管理の観点から適切な勤怠管理を行っていかなければいけません。管理方法に関しては、タイムカードや、紙、クラウドなど様々な管理方法があります。自社に合った管理方法を選択して頂くことが大切です。

助成金申請の際に勤怠管理についてもチェックされる

「出勤簿に記載された勤怠状況が正しく反映されているか」という点は、助成金申請を行った際にチェックされます。法律通りの運用ができている企業様にとっては特に問題はありませんが、
専任担当者がおらず、法定通りの運用ができていない企業様などでは、こちらに対応していく必要がございます。助成金受給のためだけでなく、労働環境を適切に管理していけるよう勤怠管理はしっかり行っていきましょう。

北九州助成金申請センターでは、適切な勤怠管理についてもサポートをさせて頂きます。
是非ご相談ください。